得意不得意を知るところからが第一歩!

発達障害におけるグレーゾーンとは?特徴や注意すべきポイントのほか、支援、療育について紹介します!

 

僕がこの記事を読んで感じたことは、子どもでも大人でも何かしらの生活する上での弊害を感じている人に対して周囲ができることは、相手に寄り添い、「あなたを尊重する」という姿勢だと思います。

自分はどうしたいのか、そして、何か困っていることがあるのであればそれを提供するのではなく、共に成長する気持ちで協力してあげることが重要なのではないかと思います。

 

今のままの自分を受け入れて、自分はこれは得意、これは今はちょっと苦手ということを選別して、苦手なことに手をつけられない時はほっておいて、得意なことをドンドン伸ばしていけばいいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中